マクロビ はちみつ

甘いモノは避けるべきだが

マクロビでははちみつは決して推奨されていません。
はちみつだけでなくオリゴ糖などもそうです。

 

白砂糖が血糖値その他もろもろの理由で
マクロビでなくとも摂らないほうが良いのは
知っている方も多いと思いますが、マクロビの場合
甘いモノをたくさん摂ると身体が陰性になるので
なるべくそれを避けるという観点です。

 

だからはちみつといえど、砂糖よりはマシ
とらないで済むのなら摂らない方がいい、
それが一般的な考えのように思います。

 

でも、生はちみつは別格です。
かつては薬として珍重されたほど
多くの栄養と酵素を含んでいますから。
(イメージ的にはローヤルゼリーに近い)

 

 

加糖していない天然のはちみつでも
実は加熱処理してしまっている事が多く、
その段階で熱に弱い酵素は壊れてしまいます

 

なぜそんなことをしてしまうのかというと手間を省くため。
スプーンで丁寧にはちみつを集めるより
巣ごと遠心分離機にかけてしまうほうが
簡単にはちみつを集められますからね。

 

その代償としてはちみつとともに
蜂の子や蜂が入ってしまうことがあるので
加熱して殺菌する必要があるのです。

 

でも、生はちみつはなかなか貴重です。
日常の料理に使うのはコスト的にもオススメしません

 

理想は薬として体調が悪い時に
スプーン一杯ほど舐める方法。
その時に舌下吸収させると、すぐ元気になります。

 

もしマクロビで栄養が偏ったかな、と思ったら
酵素補充と生はちみつ、どちらかを試してみましょう。